「ただいま」と「おかえり」をデザインする福島県内・郡山・須賀川のリフォーム会社|株式会社ゴーイングホーム

郡山・須賀川の新築・リフォーム・リノベーション株式会社ゴーイングホーム

スタッフブログ


リフォーム マメ知識☆

こんばんは!月曜担当の佐藤です。

しかし雨ばかりですね!今年は本当に梅雨って感じです(>_<)

最近は筋力トレーニングでは全然痩せない状態になってきたので何かないかなあ、と思っていたらコンビニでこんな本に出会いました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速昨日実践してみたら!!かなりいい!!

終わったらすごいスッキリしました!!肩凝りも良くなり最高です!!

疲れたり忙しいと呼吸が浅くなるらしいですね、この本はスクワットしながら

深呼吸するので、全身の血の巡りが良くなるんでしょうね☆

是非おススメの本です☺

さて今回はリフォームマメ知識の屋根塗装編をお送りいたします。

まず、日本の住宅は大きく分けると、

瓦屋根 ・ トタン屋根 ・ そしてスレート屋根(コロニアルともいいます)

今回は高度成長期に一気に復旧した屋根材のコロニアル屋根にの塗装の

注意点をお知らせします。これが塗装前の写真です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理想は10年~15年周期で塗装が必要です!!もう塗装が切れてきてカスカスの状況ですよね。そしてこれが塗装後の写真です!!これなら安心ですね(^▽^;)

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真に写っているある部材が大きな役割をはたしております。どれでしょうか?

正解は!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根の重なり目に挟まっているこの部材!!その名もタスペーサーといいます。

スレート屋根はもともと屋根と屋根の重なり目は隙間が空いています。

塗装をするとこの隙間が埋まってしまう場合があります。

隙間が埋まる=水が入らない!!と安易に考えてしまいますが、

一度埋まった隙間も徐々に小さい穴が開いてきます。小さい穴は水を吸い込む性質を持ち

屋根の内部に水を吸い上げてしまうという恐ろしいことになってしまうのです!!

これを未然に防ぐためにこのスペーサーを使って屋根の隙間をきちんと作ることが重要なんですよ☆

弊社の施工はこちらもしっかりやっております。

ご安心ください(^^)/

大切なマイホームのメンテナンスである塗装。ご用命は是非地域密着の弊社に宜しくお願い致します!!

ではまた来週☆

 

PAGE TOP